> > タンカーに風と太陽光で発電する硬帆システム設置へ 実行可能性調査を開始

タンカーに風と太陽光で発電する硬帆システム設置へ 実行可能性調査を開始

バルク船に搭載した「「Aquarius MRE」のイメージ
(出所:EMPウェブサイト)

エコマリンパワー(EMP/福岡県福岡市)は4月30日、海洋船舶用の風力併用ソーラーエネルギーシステム「Aquarius MRE(R)」の商業化に向けた取り組みとして、LR2(Large Range 2)タンカーへの導入に関するフィージビリティ・スタディ(実行可能性調査)を開始したと発表した。

船舶用ゼロ・エミッション動力&推進システム

Aquarius MREは、硬帆とマリングレードのソーラーパネル、蓄電モジュール、コンピューターなどが組み込まれた「ゼロ・エミッション動力&推進システム」。風と太陽の力を利用して再生可能エネルギーを船舶に使用することを可能にする。硬帆アレイは、コンピューターシステムにより、その時の気象条件に合わせて自動的に配置され、使用しない時や悪天候時には下げて収納することができる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.