JR東日本、2050年度のCO2排出量「ゼロ」に 再エネ開発と水素利活用

  • 印刷
  • 共有
エネルギーネットワークにおける具体的な取り組みイメージ
(出所:JR東日本)
エネルギーネットワークにおける具体的な取り組みイメージ (出所:JR東日本)

JR東日本(東京都渋谷区)は5月12日、新たに環境長期目標「ゼロカーボン・チャレンジ2050」を策定し、2050年度の鉄道事業におけるCO2排出量「実質ゼロ」を目指すと発表した。

これにより、選ばれる交通機関として、将来にわたり鉄道の環境優位性の向上を図るとともに、目標達成に向けた取り組みを通じ、脱炭素社会の実現に貢献する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報