> > 川崎汽船ら、日本初のLNGバンカリング船が進水 竣工は20年9月に予定

川崎汽船ら、日本初のLNGバンカリング船が進水 竣工は20年9月に予定

進水時の様子(出所:セントラルLNGマリンフューエル社/セントラルLNGシッピング社)

川崎汽船(東京都千代田区)、JERA(東京都中央区)、豊田通商(愛知県名古屋市)、日本郵船(東京都千代田区)の4社は5月13日、日本初の、船舶向けの液化天然ガス燃料を供給するための船舶(LNGバンカリング船)が進水したと発表した。2020年秋から中部地区で「Ship to Ship」方式によるLNG燃料供給を開始する。

4社は合弁会社の「セントラルLNGシッピング(三重県三重郡川越町)」と「LNG マリンフューエル(三重県三重郡川越町)」を通じて、中部地区でLNG 燃料供給事業を推進。セントラルLNGシッピングが発注し、川崎重工業の坂出工場(香川県)でLNGバンカリング船建造を進めている。今後、エンジンをはじめとした各種機器を搭載する工程を経て、2020年9月末に、国内で稼動する初めてのLNGバンカリング船として竣工を予定している。

025057-2

供給体制(出所:川崎汽船)

営業開始後は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 49 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.