> > 環境省と漁業者が連携、7地域で「海底ごみ」回収実証 マニュアル策定を検討

環境省と漁業者が連携、7地域で「海底ごみ」回収実証 マニュアル策定を検討

(出所:環境省)

環境省は5月19日、「漁業者の協力による海底ごみ回収実証地域」7カ所を公表した。同省は海洋プラスチックごみ対策として、漁業者の協力を得て、操業時に回収した海底ごみを持ち帰ることなどを促進している。この取組について、今回選定した7地域で環境省が調査・分析を行うことを通じ、協力体制の構築、効率的な回収、効果測定、海底ごみの発生源特定などの検討に役立つマニュアルの策定を検討する。

東京湾、加賀市沿岸など7地域で実証

期間は2020年度から3年程度。実証地域は下記の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.