> > 明治、2030年度にプラ容器包装25%以上削減へ 「取り組み方針」を策定

明治、2030年度にプラ容器包装25%以上削減へ 「取り組み方針」を策定

ヨーグルトドリンクのペットボトルを順次切り替え軽量化を図る(出所:明治)

明治(東京都中央区)は5月19日、ヨーグルトなどの容器包装でプラスチック使用量を削減し、2030年度までに25%以上(2017年度比)の削減を目指すことなどを掲げた「プラスチック資源循環の取り組み方針」を策定したと発表した。

具体的な取り組みとして「明治プロビオヨーグルト R―1/LG21/PA―3 ドリンクタイプ」と「明治スキンケアヨーグルト素肌のミカタ」のペットボトル容器を軽量化し、プラスチック使用量の削減を進める。商品発売当初2002年の重量13gから、8.7gへと順次切り替えていく。なお、これまで2013年度から2017年度の5年間で、合計約1,660トンのプラスチックを削減している。

また、再生利用・バイオマスプラスチック使用拡大の推進に向け、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.