> > Vicor、再エネを活用したサンゴ礁育成事業で英CCellと協業

Vicor、再エネを活用したサンゴ礁育成事業で英CCellと協業

サンゴの生育を促進(出所:Vicor)

モジュール型電源コンポーネントの設計・製造・販売を行うVicor Corporation (米マサチューセッツ州)は5月20日、再生可能エネルギーを活用したサンゴ礁育成システムを活用し海岸線を保護する活動で、CCell Renewables Ltd. (英ロンドン/CCell)と協業すると発表した。

CCellは、海岸の浸食を防止し海洋生体系を保つことをミッションに、海洋工学に基づくサンゴ礁の復元・拡大事業を展開。同社が運用するサンゴ礁育成システムは、わずか5年で新しいサンゴ礁の土台を作るという。このシステムでは再生可能エネルギーを活用、海水を電気分解し、電極である大きな鋼製フレームの上に炭酸カルシウム(石灰石)を堆積させる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.