> > 「新幹線から新幹線へ」高速鉄道で世界初のアルミ水平リサイクル ハリタ金属

「新幹線から新幹線へ」高速鉄道で世界初のアルミ水平リサイクル ハリタ金属

東海道新幹線 新形式車両N700S

ハリタ金属(富山県高岡市)は6月13日、東海旅客鉄道(JR東海/愛知県名古屋市)らと、新幹線の廃棄車両を、新規製造する車両部材の原料に再生して供給する「水平リサイクルシステム」を構築したと発表した。

水平リサイクル部材は、7月に営業運転を開始する東海道新幹線・新形式車両N700Sの「荷棚」と「荷棚下パネル」に採用した。同社によると、安全性が重視される高速鉄道事業で運転車両に水平リサイクル部材が実装されるのは世界初。

アルミ選別の新装置を開発

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.