「新幹線から新幹線へ」高速鉄道で世界初のアルミ水平リサイクル ハリタ金属

  • 印刷
  • 共有
東海道新幹線 新形式車両N700S
東海道新幹線 新形式車両N700S

ハリタ金属(富山県高岡市)は6月13日、東海旅客鉄道(JR東海/愛知県名古屋市)らと、新幹線の廃棄車両を、新規製造する車両部材の原料に再生して供給する「水平リサイクルシステム」を構築したと発表した。

水平リサイクル部材は、7月に営業運転を開始する東海道新幹線・新形式車両N700Sの「荷棚」と「荷棚下パネル」に採用した。同社によると、安全性が重視される高速鉄道事業で運転車両に水平リサイクル部材が実装されるのは世界初。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報