> > Qセルズ、産業用太陽光「初期費用ゼロ」事業へ本格参入 やまと興業とPPA

Qセルズ、産業用太陽光「初期費用ゼロ」事業へ本格参入 やまと興業とPPA

やまと産業新工場イメージ(出所:ハンファQセルズジャパン)

ハンファQセルズジャパン(東京都港区)は6月12日、やまと興業(静岡県浜松市)とPPA契約を締結し、産業用PP事業へ本格参入したと発表した。同社は2019年秋から「初期費用0円」で自家消費型太陽光システムを導入できる住宅用PPA事業を行ってきたが、今後は産業分野へのサービス展開も強化して行く考え。

97.5%を自家消費、電気料金年間100万円削減と試算

スズキ、ヤマハ発動機等の自動車部品を製造するやまと興業が、現在浜松市に建設中の新工場に太陽光発電設備を設置する。出力規模は241.2kWを予定。非常用コンセント付きパワーコンディショナの設置により、非常時にも電力供給ができ、BCP対策が可能となる。なお、2021年1月の工場操業開始に合わせて太陽光発電システムも稼働する計画だ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 36 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.