環境用語集 PPAモデル

PPAモデルとは

「Power Purchase Agreement(電力販売契約)モデル」の略称で、電気を利用者に売る電力事業者(PPA事業者)と、需要家(電力の使用者)との間で結ぶ「電力販売契約」のこと。

このモデルでは、電力の需要家がPPA事業者に敷地や屋根などのスペースを提供し、PPA事業者が太陽光発電システムなどの発電設備の無償設置と運用・保守を行う。また同時に、PPA事業者は発電した電力の自家消費量を検針・請求し、需要家側はその電気料金を支払う。

PPAモデルのメリット

PPAモデルのメリットとしては、以下のようなものが挙げられる。

  • 初期費用が不要
    太陽光発電システムの設置費用は、PPA事業者が負担するケースが一般的である。そのため、初期費用がかからず太陽光発電システムを導入できる。
  • 再エネ賦課金を削減
    太陽光発電システムで発電した電気を自家消費する場合、再エネ賦課金がかからない。
  • メンテナンスはPPA事業者が実施
    導入後のメンテナンスをPPA事業者側が行うため、事業者は契約期間中、太陽光発電システムのメンテナンスや修理の必要がない。
  • BCP対策になる
    自立運転機能を活用することで、停電時など災害対策電源として活用することができる。
  • CO2排出量の削減
    太陽光発電による電力は環境負荷が少ないと見なされるため、CO2削減価値として利用することができる。

環境用語集TOPへ

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報