無印良品、プラごみ削減へ「給水サービス」をスタート ボトルやアプリも展開

  • 印刷
  • 共有
7月1日に発売する「自分で詰める水のボトル」。価格は税込み190円。(出所:良品計画)
7月1日に発売する「自分で詰める水のボトル」。価格は税込み190円。(出所:良品計画)

「無印良品」を展開する良品計画(東京都豊島区)は6月24日、プラスチックごみ削減の取り組みの一環として、7月1日から「自分で詰める水のボトル」を販売するとともに、店舗に給水機を設置し、無料の水道水給水サービスを開始すると発表した。2020年度内に国内約400店舗へ給水機を設置する。

給水機はマイボトルを持参すれば誰でも利用できる。まずは「無印良品 銀座」や「無印良品 グランフロント大阪」など、各地域の拠点となる大型店舗や新店を中心に113店舗へ設置する。この取り組みによってマイボトルを持参する人が増え、環境や健康について考えるきっかけとなることをめざす。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事