> > JCLP、3つの政策導入を提言 再エネ導入支援やカーボンプライシング等

JCLP、3つの政策導入を提言 再エネ導入支援やカーボンプライシング等

同日、小泉環境大臣との対話を実施(出所:日本気候リーダーズ・パートナーシップ)

日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP/神奈川県三浦郡葉山町)は6月25日、新型コロナウイルス感染症収束後の「V字回復フェーズ」を脱炭素社会への転換の契機とするために、政府が導入すべき3つの政策導入を求める声明を発表した。

声明では、新型コロナウイルス感染症による「コロナ危機」の教訓を踏まえ「より大きな危機である気候変動に対応することが必要」だと指摘。コロナ危機では、「私達の『今』の行動が、2週間後に感染者の数として、1ヶ月後に犠牲者の数として現れ、収束に数ヶ月を要する事態に発展し、社会経済へ極めて大きな打撃を与え」たとして、もう一つの危機である気候変動も、「私達の『今』の行動が、数年~数十年後に気温上昇となって現れ、社会経済の安定を揺るがす」と説明した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.