千葉県佐倉市、電柱を活用した水害対策サービスの実証を開始

  • 印刷
  • 共有
実証の概念図(出所:佐倉市)
実証の概念図(出所:佐倉市)

千葉県佐倉市は7月6日、東電タウンプランニング(東京都港区)と電柱を活用した水害対策サービスの実証試験を開始した。「洪水・浸水対策支援サービスの実証試験に関する協定」に基づくもの。冠水データの収集と、情報配信による防災対策の有効性を検証する。

同市は2019年10月25日の大雨により市内各所で洪水・浸水被害が発生し、道路網も寸断された。これにより被害状況の把握が困難な状況となった。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事