> > 佐川急便らが「不在宅配」問題をAIで解消へ 5者連携、横須賀市で実証

佐川急便らが「不在宅配」問題をAIで解消へ 5者連携、横須賀市で実証

(出所:佐川急便)

佐川急便は7月9日、日本データサイエンス研究所(JDSC/東京都文京区)、東京大学とともに3社で進めてきた共同研究「AI活用による不在配送問題の解消」に、新たに2者が参画し、5者共同でこの問題に取り組むことに合意したと発表した。

今回新たに参加したのは、横須賀市とグリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合(GDBL)。2020年秋頃に同市内でBルート(スマートメーターのデータを家庭用HEMS機器等で直接受信する方式)を用いたフィールド実証実験を行うために、具体的な準備を推進していく。この実証は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.