> > 清水建設、長野で約2MWの木質バイオマス発電を稼働 害虫被害材も活用

清水建設、長野で約2MWの木質バイオマス発電を稼働 害虫被害材も活用

信州ウッドパワーの木質バイオマス発電所(出所:清水建設)

清水建設(東京都中央区)は7月15日、羽毛山工業団地(長野県東御市)に建設した出力1,990kWの木質バイオマス発電所が稼働を開始したと発表した。同日、固定価格買取制度(FIT制度)による売電を開始した。同社とトヨタ ユー・グループ(長野県長野市)の合弁事業会社・信州ウッドパワー(長野県東御市)による発電事業で、間伐材などの未利用木材のほか、現地で問題化しているマツクイムシ被害材などを燃料にする。

同発電所の発電量は年間約1350万kWh、売上高は同5.4億円程度を見込んでいる。燃料となる原木使用量は年間約3万トン。地元の森林施業者、森林組合、山林所有者等からの原木買入額は

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.