> > 浪江町「道の駅」に純水素燃料電池システム導入 FH2Rモデル3事例目

浪江町「道の駅」に純水素燃料電池システム導入 FH2Rモデル3事例目

「道の駅なみえ」に納入した3.5kW「H2Rex™」(出所:東芝エネルギーシステムズ)

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は8月3日、福島県浪江町の「道の駅なみえ」に、水素を直接用いて発電し、発生する熱も有効活用する純水素燃料電池システム「H2Rex TM」を納入したと発表した。10月頃に稼働する予定。

「道の駅なみえ」は一部施設が8月1日にオープンした。7月に本格稼働した世界最大級の水素製造装置を備えた「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」から車で10分弱の場所にある。同システムで使う水素は、FH2Rで製造され、カードルに充填し運搬される。

今回納入したシステムは

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.