旭化成、福島県・浪江町の水素製造施設で世界最大規模の水素供給運転を開始

  • 印刷
  • 共有
10MW級大型アルカリ水電解システム外観(出所:旭化成)
10MW級大型アルカリ水電解システム外観(出所:旭化成)

旭化成(東京都千代田区)は4月3日、子会社の旭化成エンジニアリング(神奈川県川崎市)とともに、福島県双葉郡浪江町にて3月7日に開所した水素製造施設「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」において、10MW級大型アルカリ水電解システム(水素製造装置)を立ち上げ、水素の供給運転を開始したと発表した。

FH2Rは、世界最大級の再生可能エネルギーを活用した水素製造施設で、隣接する太陽光発電(20MW)と系統からの電力を使用し、10MWの水電解システムにより、年間最大900トン規模の水素を製造・貯蔵・供給することができる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報