> > 風力発電設備、20kW以上500kW未満に「使用前自己確認制度」義務付け

風力発電設備、20kW以上500kW未満に「使用前自己確認制度」義務付け

画像はイメージです

経済産業省は7月29日、電気事業法施行規則を一部改正し、20kW以上500kW未満の風力発電設備を「使用前自己確認制度」の対象としたと発表した。この改正は同日公布・施行された。

これまで、20kW以上500kW未満(20kW~500kW)の風力発電設備に対して、電気事業法に基づき電気主任技術者の選任や保安規程の届出の義務が課されているが、設備の使用開始前に、国が事業者の保安の取り組みを確認する制度では対象外となっていた。

一方、20kW~500kWの風力発電設備は、再エネ特措法(FIT法)に基づく認定件数を踏まえると、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.