> > 東大、容器包装プラの利用実態を解明 目標達成への道筋示す

東大、容器包装プラの利用実態を解明 目標達成への道筋示す

画像はイメージです

東京大学は8月4日、容器包装プラスチックの家庭・各産業(約110部門)における利用実態を解明したと発表した。

東京大学大学院の中谷講師、森口教授らの研究グループは、産業連関分析を応用したプラスチックの物質フロー分析のモデルを開発。どの種類の容器包装プラスチックがどのような製品・サービスの販売に利用され、どの部門に購入されて廃棄されるか、プラスチックの生産から最終需要までのサプライチェーンを追跡することによって、多次元でのフロー分析を可能にした。

この分析結果に基づき、プラスチックの削減とリサイクル率の目標達成に向け、どの部門で容器包装の利用を削減し、どの部門から回収するべきか、具体的な道筋を提示。例えばリサイクル率の目標達成への道筋として、家庭・食品産業からの容器包装の回収や、産業部門間の輸送用包装の回収が有効であることなどを示した。

家庭のリサイクル率は目標に匹敵 産業では大幅な向上が必要

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.