> > 海洋プラ削減へ企業が連携、アライアンス・フォー・ザ・ブルー設立 日本財団

海洋プラ削減へ企業が連携、アライアンス・フォー・ザ・ブルー設立 日本財団

画像はイメージです

日本財団(東京都港区)は、海洋プラスチックごみ対策を目的に、複数の企業が連携して商品開発・共同研究・社会実験等を推進するためのプラットフォームとして、ALLIANCE FOR THE BLUE(アライアンス・フォー・ザ・ブルー)を設立し、7月29日にキックオフミーティングを開催した。

このアライアンスには、石油化学をはじめ日用品・飲食品・包装材メーカー、小売、リサイクル等、多業種の企業が加盟。アライアンスのウェブサイトによると、8月7日現在、川崎重工、コクヨ、セブン&アイホールディングス、大日本印刷、日本製紙、三菱ケミカル、森永製菓、リファインバースなど14社が参画している。

新たな海洋ごみの発生防止、すでに発生した海洋ごみの削減をテーマに、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.