> > 阪急・阪神・東急が協働、再エネ100%の「SDGsトレイン」運行へ

阪急・阪神・東急が協働、再エネ100%の「SDGsトレイン」運行へ

「SDGsトレイン2020」上:阪急電鉄/阪神電車「未来のゆめ・まち号」 下:東急電鉄「美しい時代へ号」 (出所:阪急阪神ホールディングス・東急グループ)

阪急阪神ホールディングス(大阪市北区)と東急グループは9月8日から、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて多様なメッセージを発信するラッピング列車「SDGsトレイン2020」を、国や自治体・企業・市民団体等と連携して同時に運行する。阪急電鉄・阪神電気鉄道・東急電鉄の最新の省エネ車両を使用するとともに、走行にかかる電力を実質的に100%再生可能エネルギーで賄う。

阪急・阪神・東急が、共通テーマを掲げたラッピング列車「SDGsトレイン2020」を東西で協働運行することにより、SDGsの認知度向上を図るとともに、SDGsの達成に向けた取組を広く社会に普及させ、持続可能な未来を創造していくきっかけにすることがねらい。運行期間は2021年9月上旬までを予定している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.