阪急・阪神・東急が協働、再エネ100%の「SDGsトレイン」運行へ

  • 印刷
  • 共有
「SDGsトレイン2020」上:阪急電鉄/阪神電車「未来のゆめ・まち号」 下:東急電鉄「美しい時代へ号」 (出所:阪急阪神ホールディングス・東急グループ)
「SDGsトレイン2020」上:阪急電鉄/阪神電車「未来のゆめ・まち号」 下:東急電鉄「美しい時代へ号」 (出所:阪急阪神ホールディングス・東急グループ)

阪急阪神ホールディングス(大阪市北区)と東急グループは9月8日から、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて多様なメッセージを発信するラッピング列車「SDGsトレイン2020」を、国や自治体・企業・市民団体等と連携して同時に運行する。阪急電鉄・阪神電気鉄道・東急電鉄の最新の省エネ車両を使用するとともに、走行にかかる電力を実質的に100%再生可能エネルギーで賄う。

阪急・阪神・東急が、共通テーマを掲げたラッピング列車「SDGsトレイン2020」を東西で協働運行することにより、SDGsの認知度向上を図るとともに、SDGsの達成に向けた取組を広く社会に普及させ、持続可能な未来を創造していくきっかけにすることがねらい。運行期間は2021年9月上旬までを予定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報