政府、モーリシャス油流出事故に2次援助隊派遣 生態系への影響把握など支援

  • 印刷
  • 共有
海図上の座礁位置(出所:商船三井)
海図上の座礁位置(出所:商船三井)

外務省は8月17日、モーリシャス沿岸の油流出事故に対し、同国政府からの要請を受け国際緊急援助隊(二次隊)を派遣すると発表した。計7名からなる救援隊のうち、環境省から2名、国立環境研究所から2名が参加する。

援助隊は8月19日に日本を出発し、現地では海岸に漂着した油状物への対処、漂着地域の生態系への影響の把握などを支援する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事