トヨタとAWSが業務提携拡大 モビリティサービス・プラットフォームを強化

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は8月18日、Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)社と業務提携を締結したと発表した。トヨタの「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の強化に向け、AWSの幅広いサービスポートフォリオを活用する。

同社は、コネクティッドカーの普及に伴い、MSPFとAPIを介し、コネクティッドカーから収集した車両データを、車両の設計開発へフィードバックしている。さらに、カーシェアやライドシェアといったサービスや車両メンテナンスの事前通知、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険など法人・個人向けのサービスとも連携させ「車両データに基づく安全・安心で快適な次世代のモビリティサービス」(同社)をドライバーや乗客に提供している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事