> > 川崎汽船、風力で船舶の推進を補助 システムの設計基本承認を取得

川崎汽船、風力で船舶の推進を補助 システムの設計基本承認を取得

Seawing 搭載イメージ(出所:川崎汽船)

川崎汽船(東京都千代田区)とAirseas社(フランス・トゥールーズ)は8月19日、日本海事協会(東京都千代田区/ClassNK)から自動カイトシステム「Seawing」の設計に関する基本承認(AIP)を取得したと発表した。両社は引き続き詳細設計を進め、川崎汽船運航船での自動カイト運用を目指す。

同システムは、スイッチ操作のみで自動的にカイトが展開・格納され、風力により船舶の推進を補助するもの。このシステムは、性能の最適化と最大の安全性を確保するために、運航状態を含めた海象・気象データをリアルタイムで収集して分析したうえで活用する。

今回のAIP取得により、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 44 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.