> > 廃棄物回収に特化 AIを活用した「配車計画」自動作成サービスをリリース

廃棄物回収に特化 AIを活用した「配車計画」自動作成サービスをリリース

画像はイメージです

産業廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレ(東京都港区)は9月から、廃棄物回収に特化したAIによる配車計画の自動作成サービス「配車頭(ハイシャガシラ)」を正式にリリースする。

また、これにあわせ、Coral Capital(東京都千代田区)を引き受け先とした総額3,000万円のシードラウンドの資金調達を実施したことを明らかにした。これまで、産業廃棄物業者の協力によりサービスの実証実験を行い、質の向上に努めてきたが、今回の資金調達により営業体制の強化とともにサービスリリースに伴うカスタマーサポートの拡充などを行う。これにより、より多くの顧客にサービスを利用してもらえる体制づくりを行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.