> > コロナ禍の行動変容は「気候変動問題とも直結」 BECC JAPAN開催

コロナ禍の行動変容は「気候変動問題とも直結」 BECC JAPAN開催

気候変動・省エネルギー行動会議 代表 中上 英俊氏による挨拶の模様(提供:BECC JAPAN)

気候変動・省エネルギー行動会議(事務局・住環境計画研究所)は8月25日、第7回会議「BECC JAPAN 2020」を開催した。新型コロナ感染症拡大を受け初のウェブ開催となった。

基調講演には、京都大学特定教授等を務める川上浩司氏が「不便益のススメ」をテーマに登壇。その後、3会場に分かれ、「HEMS 導入世帯のエネルギーの使い方」「省エネ・環境教育」「卒FIT/AI によるエネルギー分析」など9つのテーマで発表セッションが行われた。

同団体の代表 中上 英俊氏は開催に当たってのあいさつで「(コロナ禍で)消費者行動は大きく変容をせざるを得ない様相も見え始めている。それはとりも直さず私たちとエネルギーの付き合い方をも大きく変えていく可能性を秘めており、当然、気候変動問題とも直結する」と指摘。「次年度以降は盛りだくさんな観察結果や解析結果をいただけると期待している」と述べた。

「不便だからこそ得られる価値や効用」とは

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.