> > 埼玉県と東電EP、再エネ環境価値を地産地消 県内企業に県産オフセット電力

埼玉県と東電EP、再エネ環境価値を地産地消 県内企業に県産オフセット電力

クリックで拡大します
再エネ環境価値の地産地消モデルの全体像(出所:東京電力EP)

埼玉県と東京電力エナジーパートナー(東京電力EP/東京都中央区)は8月28日、卒FITを含め、埼玉県内で生み出された再エネの環境価値を県内の事業者になるべく安価に供給するため、全国初の非化石証書を活用した都道府県産CO2オフセット電力メニューを創設したと発表した。

今回創設したのは、県内のFIT発電所や卒FITに含まれる環境価値を非化石証書として活用した地産地消モデルを構築し、実質CO2フリーの埼玉県産電力メニュー「彩の国ふるさとでんき」。このメニューを通して、県内で生まれる再生可能エネルギーを環境対策に積極的に取組む県内企業に提供し、県内企業の環境活動を支援する。埼玉県と東京電力エナジーパートナーは同日、「エネルギー地産地消の推進に関する協定」を締結した。

RE100にも活用できる2つのメニュー

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.