出光、バイオマス発電燃料用「ソルガム」を栽培・ペレット化 豪で試験を開始

  • 印刷
  • 共有
エンシャム石炭鉱山での植生試験の様子 植物種「ソルガム」(出所:出光興産)
エンシャム石炭鉱山での植生試験の様子 植物種「ソルガム」(出所:出光興産)

出光興産(東京都千代田区)は9月3日、オーストラリア・クイーンズランド州において、石炭と混焼が可能なバイオマス発電燃料用植物の植生試験と木質ペレット化試験を開始したと発表した。

このプロジェクトでは、権益85%を持つ既存のエンシャム石炭鉱山(クイーンズランド州)の遊休地・用役設備等を活用し、バイオマス発電燃料用として「ソルガム」を栽培。ソルガムは、降雨量が少ない、そのエリアでの生育に適しており、7月までに順調な生育が確認され収穫を行った。現在、ソルガムの木質ペレット化試験を行っており、2020年後半には木質ペレットの半炭化(ブラックペレット化)試験を予定している。木質ペレットを半炭化したブラックペレットは、従来の木質ペレットに比べて耐水性・粉砕性などに優れ、石炭と同様に取り扱うことができるため、石炭火力発電におけるCO2排出量低減が期待できる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報