> > 三菱マテ子会社、埼玉でバイオガス発電による食品リサイクル開始 日量40t

三菱マテ子会社、埼玉でバイオガス発電による食品リサイクル開始 日量40t

NEFCバイオガス発電プラント全景

三菱マテリアル(東京都千代田区)は9月4日、子会社のニューエナジーふじみ野(NEFC/埼玉県ふじみ野市)が、食品廃棄物のバイオガス発電プラントの営業運転を開始したと発表した。

同プラントでは、食品工場や小売店等の食品関連事業者から排出される、食品廃棄物(産業廃棄物)を1日あたり40トン処理し、得られたバイオガスで発電を行う。発電出力は出力550kW。また発電した電力は、固定価格買取制度により売電する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.