> > 再エネを活用したEVタクシーで「地域MaaS」、浜松市佐久間町で実証へ

再エネを活用したEVタクシーで「地域MaaS」、浜松市佐久間町で実証へ

画像はイメージです

TIS(東京都新宿区)は9月7日、静岡県浜松市天竜区佐久間町で、住民の生活の足として運営されているタクシー業務に、再生可能エネルギーを活用した電気自動車(EV)によるMaaS(Mobility as a Service)プラットフォームを提供する実証実験を行うと発表した。

このタクシー業務は、高齢化・過疎化が進み、地域住民の移動手段が十分でない佐久間町の状況を受け、NPO法人がんばらまいか佐久間(静岡県浜松市)実施するもの。浜松市と連携して2007年より有人オペレーターが利用受付を行う「公共交通空白地有償運送事業」として展開している。しかし、利用者減による事業採算性の悪化やサービスに係る人材の不足といった課題を抱え、地域のセーフティネットとして、実情に沿ったサービス利便性の向上と効率的な運営の実現が急務となっていた。

そこで同実証実験ではこの課題解決を目指して、TISがタクシーのオンデマンド配車システムとしてMaaSプラットフォームを提供する。EVは、佐久間町に設置した太陽光発電パネルで発電した電力などを利用して運行することで、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.