> > 日清食品×アサヒ飲料、即席めんと飲料を共同輸送 トラック使用台数20%減

日清食品×アサヒ飲料、即席めんと飲料を共同輸送 トラック使用台数20%減

(出所:アサヒ飲料)

アサヒ飲料(東京都墨田区)は9月7日、日清食品(同新宿区)、日本通運(同港区) と、関東-九州間の共同輸送を9月11日から開始すると発表した。

重量貨物であるアサヒ飲料の製品と、軽量貨物である日清食品の即席麺製品を効率的に混載するノウハウを確立し、積載率を向上させた。これにより、両社で個別に関東-九州間の輸送を行う場合と比べ、共同輸送の相乗効果としてトラック使用台数が20%削減される見込み。

効率的な混載ノウハウを確立、荷役作業も軽減

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.