> > 京セラら、小田原で再エネ共有モデル構築へ 家庭の余剰電力を蓄電池・EVに

京セラら、小田原で再エネ共有モデル構築へ 家庭の余剰電力を蓄電池・EVに

地域マイクログリッド構築事業イメージ(出所:京セラ)

京セラ(京都府京都市)、A.L.I. Technologies(A.L.I/東京都港区)、REXEV(東京都千代田区)は9月9日、神奈川県小田原市で、太陽光発電による再生可能エネルギーや各種調整力(蓄電池、EV、調整力ユニット)を最大限に活用した「地域マイクログリッド構築」を目指す事業を開始すると発表した。小田原市や湘南電力(神奈川県小田原市)等とコンソーシアムを立ち上げ、取り組みを進める。

この事業では、小田原市内の一般家庭に設置された、卒FIT・非FIT太陽光発電の余剰電力を同地域内の大型蓄電池やEVに供給。地産地消を実現する地域エネルギーマネジメント(REM)により、発電・需要・余剰の運用を一元的に行うとともに、ブロックチェーンによる地域の再エネ共有モデルの構築を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.