> > 東京都、蓄電池を設置する住宅に補助金 都への環境価値譲渡が要件

東京都、蓄電池を設置する住宅に補助金 都への環境価値譲渡が要件

画像はイメージです

東京都は9月11日、蓄電池システムを設置した住宅に補助金を交付する新規事業を開始すると発表した。募集期間は2020年度~2022年度。9月15日より2020年度の申請受付を開始する。申請期間は2021年3月31日まで。ただし、予算額に達し次第終了する。2020年度の予算額は43億9200万円。

この補助事業「自家消費プラン」は、家庭における太陽光発電による電気の自家消費の増大と非常時の防災力向上、同事業を通じて取得したデータ等を東京都が活用することを目的とする。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.