> > 洋上風力発電向け「風況観測システム」、実証でコスト85%減 日本気象協会

洋上風力発電向け「風況観測システム」、実証でコスト85%減 日本気象協会

BuoyLidarの外観(出所:日本気象協会)

日本気象協会(東京都豊島区)は9月15日、山形県酒田沖の実海域で行っていた、低動揺型スパーブイを用いた洋上風況観測システム「BuoyLidar(ブイライダー)」の実証実験を終了したと発表した。

その結果、洋上の観測鉄塔による風況観測と比較して約85%のコスト削減を実現できることが分かったという。通算1年6カ月の実証実験の結果、冬季の強い季節風や夏季の台風に伴う高波や強風などの厳しい海洋環境でも正常に風況観測が可能であることを確認した。洋上風力発電の風車のハブ高さを想定した高度100mでの観測データ取得率は96.1%で「長期間の安定した観測が可能であることを確認した」としている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.