> > 脱炭素型フードサプライチェーン「見える化」推進へ、農水省が検討会を発足

脱炭素型フードサプライチェーン「見える化」推進へ、農水省が検討会を発足

画像はイメージです

農林水産省は「フードサプライチェーンにおける脱炭素化の実践とその可視化の在り方検討会」を発足、9月16日に第1回会合を開催した。温室効果ガス排出削減・吸収量の定量化が難しく、気候リスク・機会に関する情報開示等が進んでいないこと等が課題になっている農林水産分野において、農林漁業者や食品事業者が脱炭素化に取り組むメリットを享受できる仕組みを構築し、環境と経済の好循環への貢献をめざす。

農水省は2020年度から「脱炭素型フードサプライチェーン可視化(見える化)推進委託事業」を開始し、下記の3点について、2020年度内の策定を予定している。

  1. TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言の基づく取組事例の調査と手引書の作成
  2. 新たな脱炭素化技術とその温室効果ガス排出削減・吸収量の定量化に関する調査
  3. カーボンフットプリント制度に係るニーズ調査等

これらについて、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 52 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.