> > イオン環境財団と早大が連携 森・地域・人づくりで持続可能な社会モデル構築

イオン環境財団と早大が連携 森・地域・人づくりで持続可能な社会モデル構築

(出所:イオン環境財団)

イオン環境財団(千葉県千葉市)と早稲田大学(東京都新宿区)は9月17日、時代に即した環境課題の解決を目指すため、森づくり、地域づくり、人づくりに取り組み、学術研究に基づく持続的な地域社会の実現を目指す「AEON TOWAリサーチセンター」を設立すると発表した。

双方のこれまでの経験や知見、学術研究を結合し、環境をはじめとした地域課題対応や人材育成など新たな価値を創造することで、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを進める。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.