> > 荏原グループEBAS、ブラジル初のソーラーポンプ販売

荏原グループEBAS、ブラジル初のソーラーポンプ販売

(出所:荏原製作所)

荏原製作所(東京都大田区)は9月30日、海外グループ会社EBARA Bombas America do Sul(EBAS/ブラジル)でブラジルで初となる太陽光で発電するソーラーポンプの販売を、2020年1月から開始したことを発表した。

飲料水確保などの生活ニーズに対応するため、ソーラーポンプの開発を行った。太陽光で発電するソーラーポンプは、半導電性シリコン製のソーラーパネルを通じて太陽光を電力に変換して起動する仕組み。ソーラーパネルはコスト面での優位性と汎用性の高さから、ブラジルで一般的な多結晶パネルを採用した。220Vの深井戸ポンプ、遠心ポンプ、水泳用プールのポンプに対応している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.