> > 経産省の概算要求、資源・エネ関係に8365億円 再エネ主力電源化を推進

経産省の概算要求、資源・エネ関係に8365億円 再エネ主力電源化を推進

画像はイメージです

経済産業省の2021年度概算要求額は、2020年度当初予算額比12.7%増の1兆4335億円で、このうち、資源・エネルギー関係の概算要求額は、同比11.8%増の8365億円を計上した。再エネの主力電源化や工場・モビリティ等の省エネ化、水素社会の実現に向けた取り組みを支援するとともに、地域マイクログリッドの構築を支援する。

新規事業として、蓄電池等の地域分散電源等をより広域的な地域グリッドの需給調整等に活用するための制御技術等の実証事業に60.0億円を計上した。また、小規模で自立可能な電力系統網(地域マイクログリッド)の全国大での実装を支援(全国数十カ所)するため、2020年度当初予算額(17.3億円)比2.7倍となる46.8億円を計上した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.