> > 金沢市、ガス・発電事業を民間譲渡 186億円以上・事業者を募集

金沢市、ガス・発電事業を民間譲渡 186億円以上・事業者を募集

画像はイメージです

石川県金沢市は10月6日、同市ガス事業・発電事業の譲渡に向けて、両事業を承継する民間事業者の公募を開始した。公募型プロポーザル方式による選定手続きから事業譲渡契約締結までの手続きについて定めた募集要項等を公表した。

同市では、市民サービスの向上を図るとともに、人口減少や地球温暖化対策の進展等に伴う事業環境の変化に対し柔軟・迅速に対応することにより、事業の持続性確保を図るため、ガス事業・発電事業を2022年4月1日に譲渡することを計画している。

譲渡対象資産と譲渡価格、基本条件、参加資格基準等の概要は以下の通り。詳細は募集要項等を参照のこと。

ガス事業・発電事業を譲渡

譲渡対象となる事業

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.