生ごみ約20kg/日をガス化 小規模メタン発酵装置を農園で試運転

  • 印刷
  • 共有
原料とバイオガス・消化液概要(出所:シン・エナジー)
原料とバイオガス・消化液概要(出所:シン・エナジー)

シン・エナジー(兵庫県神戸市)は10月7日、農園リゾートを運営するザファーム(千葉県香取市)と協業し、「誰でも簡単! 生ごみメタン化装置~マジカルプー~」の試験運転を開始することを発表した。ザファームの運営する農園リゾート「THE FARM」で10月6日より開始した。

従来のメタン発酵装置は、採算を取るために施設の大型化が必要であり、そのため建設コストや運転コストが負担となり、安全性を担保するため運転管理に専門知識を持った管理者が必要であることなど、参入障壁の高い事業だといわれている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報