第一生命、再エネ特化のインフラファンドに105億円を投資

  • 印刷
  • 共有
(出所: BlackRock Global Renewable Power)
(出所: BlackRock Global Renewable Power)

第一生命保険(東京都千代田区)は10月14日、ブラックロック・リアルアセッツが運用する、再生可能エネルギー関連施設への投資に特化したインフラファンド「Global Renewable Power Fund III」に約105億円投資することを発表した。気候変動問題の解決に向けたポジティブ・インパクト創出への貢献を目指す。

このファンドは、OECD加盟国を主な対象地域に、太陽光・風力などの再生可能エネルギー発電施設の建設・運営プロジェクトや、送配電や蓄電施設などの発電に付随する設備を投資対象とする。第一生命では、これらのインフラの有する資産特性から「長期安定的な運用収益の獲得が期待される」としている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報