> > 蓄電池併設で国内最大級、北海道に102MWの太陽光発電開設 SBエナジー

蓄電池併設で国内最大級、北海道に102MWの太陽光発電開設 SBエナジー

「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」全景写真(出所:SBエナジー)

SBエナジー(東京港都区)と三菱UFJリース(東京都千代田区)は10月16日、北海道二海郡八雲町で、国内最大級の蓄電池併設型大規模太陽光(メガソーラー)発電所「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」の営業運転を開始した。

出力規模が約102.3MW、年間予想発電量は約10万682MWh(一般家庭約2万7,967世帯分の年間電力消費量に相当)。さらに蓄電容量約27.8MWhの大容量リチウムイオン電池を併設しており、同社によると、蓄電池を併設する太陽光発電所としては国内最大級の出力規模の発電所となるという。

蓄電池は北海道電力「技術要件」に基づき設置

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.