豊田通商、米LA港で水素の地産地消モデルを調査 大型港湾機材のFC化へ

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
水素の地産地消モデル実現可能性調査 概念図(出所:豊田通商)
クリックで拡大します 水素の地産地消モデル実現可能性調査 概念図(出所:豊田通商)

豊田通商(名古屋市中村区)は10月14日、米国カリフォルニア州のロサンゼルス港(LA港)で、港湾機材動力源の水素燃料電池化(FC化)に向けた水素の地産地消モデルの実現可能性調査開始を9月から開始したと発表した。調査期間は2022年3月までを予定している。

これは、同社と豊田通商アメリカ(TAI)が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の調査事業「地産地消型水素製造・利活用ポテンシャル調査」の公募採択を受けて実施するもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報