> > 東京ガスら5社、再エネ発電所のある地域を応援する「FOURE構想」発表

東京ガスら5社、再エネ発電所のある地域を応援する「FOURE構想」発表

「RealとWeb」の2つのアプローチイメージ(出所:東急不動産)

東急不動産と大阪ガス、Looop、東京ガス、リニューアブル・ジャパンの5社は10月19日、再生可能エネルギー事業者を中心に一丸となって再エネ発電所のある地域を応援し共に発展することを目指した新たな枠組み「FOURE構想」を共同で検討すると発表した。

FOURE(フォーレ)は、Reciprocal and Regional Revitalization with Renewable energy(再エネを通じた互恵的な地方活性化)を意味する。この構想では、再エネの主力電源化等などの政策動向を踏まえつつ、「RealとWeb」の2つのアプローチを活用する。

「Real FOURE」では、この構想に賛同したメンバーの再エネ発電所がある地域等において、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.