> > 福山市の企業2社、災害時の備えに市へポータブル太陽光パネル・蓄電池を寄贈

福山市の企業2社、災害時の備えに市へポータブル太陽光パネル・蓄電池を寄贈

写真は正面右から、JHS顧問 佐藤氏、トランスホームジャパン社長 迫田氏、福山市長 枝廣氏、トランスホームジャパン副社長 池田氏、JHS広報 山本氏、ジェイテック社長 牛尾氏

再生可能エネルギー関連事業などを手がけているJHS(広島県福山市)は10月19日、トランスホームジャパン(広島県福山市)とともに福山市を訪問し、災害時の備えとして、ポータブル太陽光パネルと蓄電池をセットで寄贈した。

再生可能エネルギーを使った取り組みの提案により取り組み、地元企業として市への貢献を表明するもの。トランスホームジャパンは、ポータブル蓄電池SKA1500(AC出力1500W)を2台、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.