> > ユニ・チャーム、2030年に再エネ100%目指す 中長期ESG目標を発表

ユニ・チャーム、2030年に再エネ100%目指す 中長期ESG目標を発表

クリックで拡大します
(出所:ユニ・チャーム)

ユニ・チャーム(東京都港区)は10月22日、2030年を目標とするユニ・チャームグループ中長期ESG目標を発表した。同年までに、事業活動で使用する電力を100%再生可能電力にすること、鹿児島県志布志市や大崎町と取り組む「使用済み紙おむつ」のリサイクルモデルを拡大し10件以上の設備導入を進めることなどを掲げた。

今回策定した中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030~For a Diverse, Inclusive, and Sustainable World~」は、「ユニ・チャーム プリンシプル」(全てのステークホルダーから信頼を得られるような公正で透明性の高い企業運営を目指すこと)をベースに、私たち・社会・地球という「3つの健康」を「守る・支える」ことで構成した。

同社は2018年、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.