> > Looop、有機薄膜太陽電池パネルの比較実験開始 設置の工夫で出力最大化

Looop、有機薄膜太陽電池パネルの比較実験開始 設置の工夫で出力最大化

実証実験の様子(出所:Looop)

Looop(東京都台東区)は10月21日、立命館大学(京都府京都市)との共同研究で、国内で初めて、軽量、フレキシブル、低コストで製造できるという特徴を持つ有機薄膜太陽電池パネルを屋外の建築物へ設置する実証実験を開始した。

最初の実験として立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)内のバス停留所の屋根に、ドイツのHeliatek(ヘリアテック)社製の有機薄膜パネルのほか、結晶シリコン太陽電池パネルやCIS太陽電池パネルなど、多種類の太陽電池パネルを設置し比較実験を行う。

ヘリアテックの有機薄膜太陽電池パネルは、従来のシリコン製ではなく

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.