> > 日本郵船のLNG燃料自動車船、世界初・先進的デジタル技術を備えた船に認定

日本郵船のLNG燃料自動車船、世界初・先進的デジタル技術を備えた船に認定

本邦初のLNG燃料自動車専用船 SAKURA LEADER(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)は10月28日、同社が運航する日本初のLNG燃料自動車専用船「SAKURA LEADER」が、日本海事協会の検査の下、先進的なデジタル技術を備えた船舶に付与される船級符号(ノーテーション)「Digital Smart Ship(DSS)」を世界で初めて取得したと発表した。

今回のノーテーションの取得により、同社の技術的なノウハウを生かし、今後の技術開発に役立てる事で、さらなる環境保全や安全性の向上を目指す。またこうした取り組みを通じ、顧客の新たなニーズの探求・創出に努めていく考え。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.