> > 三菱パワー、海外初「燃料電池+マイクロガスタービン」の発電システム受注

三菱パワー、海外初「燃料電池+マイクロガスタービン」の発電システム受注

(出所:三菱パワー)

三菱パワーは10月29日、ドイツのエッセン市に拠点を置くガス・熱研究所(GWI:Gas- und Wärme-Institut Essen, e.V.)向けに、欧州初となるSOFC(固体酸化物形燃料電池)「MEGAMIE(メガミー)」を受注したと発表した。同設備は2022年3月までに稼働開始する予定だ。

このハイブリッド型SOFCは、高温作動の燃料電池で、燃料電池とマイクロガスタービンを複合した高効率発電システム。GWIでは、同システムの部分負荷運転や、さまざまな燃料(天然ガス、バイオガス、水素)に柔軟に対応できるハイブリッド型SOFCの運用性、水素を燃料ガスとして混合利用することなどについて、実環境下での研究を行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.