> > 佐川急便、ドローンで「空の物流ネットワーク」構築へ 離島・山間部で実証

佐川急便、ドローンで「空の物流ネットワーク」構築へ 離島・山間部で実証

各拠点をドローンで結ぶ空の物流ネットワーク構想(佐川急便)

佐川急便(京都府京都市)は11月4日、島根県邑智郡美郷町、香川県小豆郡土庄町、福井県丹生郡越前町の地方自治体と共同で、離島・山間部におけるドローンを活用した複数拠点間輸送の実証実験を行うと発表した。環境省補助事業の採択を受けて実施するもので、2020年度中の開始を目指す。

今回の実証実験では、佐川急便の各営業所より特定の配送拠点へ荷物を輸送した後、ドローンを用いて中継点(地域の公共施設)を経由し、終着点までの輸送を行う。なお操縦については、佐川急便の東京本社を拠点とし、遠隔地からの目視外操縦でドローンを飛行させる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.