東芝G、再エネ由来水素の「マルチステーション」開設 燃料電池車や発電にも

  • 印刷
  • 共有
H2Oneマルチステーション(TM)システム概要(出所:東芝エネルギーシステムズ)
H2Oneマルチステーション(TM)システム概要(出所:東芝エネルギーシステムズ)

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は11月5日、再生可能エネルギー由来のグリーン水素を燃料電池車への充填や発電へ利用する「H2Oneマルチステーション(TM)1号機を福井県敦賀市で開所したと発表した。

「H2Oneマルチステーション」は、同社が開発した、再エネで発電した電力により水素を製造し、燃料電池車に充填できるシステム「H2One ST Unit」と、自立型エネルギー供給システムのワンコンテナ型「H2One」で構成される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報